平成28年度重点教育目標

 

 

   主体的に学び、共によりよく生活する子ども

 

  ()今年度のめざす子ども

    ■主体的に取り組む子ども

     ◎自分の力で問題を解決する子ども

     ◎自分の考えや思いを表すことができる子ども

     ◎次の活動を考え、自ら進んで行動できる子ども

 

    ■共に高め合う子ども

     ◎進んであいさつや返事ができる子ども

     ◎いつも、思いやりのある言葉づかいができる子ども

     ◎信頼を深め、協力し合う子ども

 

  ()重点教育目標達成のための方策

    児童の集中した学習、落ち着いた生活をめざし、日々の小さな教育活動の積み重ねや
    日常的な授業改善を重視し、教職員の共通行動で指導にあたる。

    【 確かな学力の育成 】

     ○主体的な学びを育てる「問題解決的な学習」の充実

         ○自力解決や学習の意欲化に向けた指導の充実
     ○習熟度別少人数指導の充実

         ○基礎的・基本的な知識・技能の習得を図る指導の工夫

       ○学習規範の確立や家庭学習の習慣化<学年×10分>

 

    【 豊かな心の育成 】

         ○あいさつや返事、正しい言葉遣い、廊下歩行の指導の充実
     ○規範意識を高めるために、自己決定し、行動できる場の設定

         ○互いのよさを認め合う場の工夫
     ○豊かな心を育む合唱や読書活動の充実

 

    【 健やかな体の育成 】
     ○体験的・実践的な安全教育の推進
     ○運動能力向上に向けた場の工夫

         ○基本的な生活習と、生活リズムの確立をめざした家庭との連携