こんにちは、学校長の白川 純です。

 本校は、屯田兵の師弟の教育を目的として、明治19年に開校しました。

 昨年度、開校130年という大きな節目をむかえた歴史と伝統のある学校です。本校には『屯田魂』(創造・共生・忍耐)という校訓があります。この校訓の精神が現在も二小の子ども達に受け継がれています。
 校区には、市民体育館、情報図書館、野幌公民館、屯田兵資料館、ガラス工芸館、湯川公園等の公共施設があり、木々に囲まれた教育環境・生活環境に恵まれた学校です。

 今年度79名の新一年生を迎え、全校児童536名でスタ−トしました。「主体的に学び、共によりよく生活する子ども」を重点教育目標として「基礎学力の定着」「豊かな心」「健康な体づくり」に力を入れて教育活動を推進していきたいと考えています。
 江別第二小学校の子どもたちが、毎日楽しく学校生活を送ることができ、潤いと温かみのある学びの場であり続けることを目指し、教職員一同力を合わせて教育活動に励みます。今年度もよろしくお願いいたします。


2016.4.7
学校長あいさつ