学校長挨拶

                                                        江別市立江陽中学校
                                                           校長 信定 学

 本校は、昭和58年4月、江別第一中学校に通っていた東光町・あけぼの町・朝日町・江別太・豊幌など千歳川右岸地区の生徒たちに対する遠距離通学解消のため、地域住民の強い要望に応え、市内9番目の中学校として開校し、今年度で開校39年を向かえた学校です。
学校の周りは、閑静な住宅街となっており、恵まれた自然の中で『学ぶことに喜びを持ち、すすんで学習する生徒』【希望】、『思いやりがあり、自分の行いに責任をもつ生徒』【誠実】、心身をきたえ、明るくのびのびしている生徒』【健康】の教育目標のもと、一人ひとりが持ち味を生かしながら切磋琢磨して、「今何ができるのか」を考え、お互いが目標を共有して高め合いながら日々学校生活を送るよう努力しております。
 また、保護者・地域住民、教師が一体となって「花と緑の江陽」を合い言葉に、植樹や花壇づくりが行われ、前庭・校舎周辺の環境が整えられ、トウキビ販売・資源回収・バザーの実施、掲揚塔・野外生活体験広場の造営など、PTAやおやじの会等の学校への協力も盛んな学校となっています。
 学校には、人と人とのかかわりの中で学びの質を高め、これからの時代を生き抜く力を付けさせる大きな役割をになっています。そこには、個人個人が「大きな夢」を持ち、あきらめることなく、自ら学ぼうとする強い意志と、集団の中で自分を表現できるコミュニケーション力は欠かせないものと考えます。
 そのために、他者をみつめ自分にできることを貫くことができる生徒、自分をみつめ他にはない自分の良さを伝えることができる生徒、お互いをみつめ共感する喜びを味わい努力し合える生徒を目指し、教職員・保護者・地域と連携をしながら教育活動に当たって参ります。
 今後とも本校教育へのご理解とご支援を賜り、温かく本校生徒を見守っていただきますよう、よろしくお願いします。