江別第一中学校トップページ 本文へジャンプ
学校長挨拶

学校長  新田 元紀 

 平成30年度、本校は開校71周年を迎えます。
 新制中学校として、開校当初からの地域である江別駅周辺の江別地区と、その後宅地開発された上江別、ゆめみ野地区の新興住宅地を校区としています。
 今年度は145名(昨年比29名減)の新入生を迎え、全校生徒503名(昨年比48名減)、17学級(特別支援学級3学級を含む)、そして、運動部活動12部、文化部活動2部の計14部でスタートいたしました。

 平成30年度の学校経営方針を策定するにあたって、校訓である「純誠」を踏まえ、ミッション(使命)、ビジョン(一中としてのあるべき姿)、理念(行動規範~
「めざす教師像」の実現に向けた一人一人の自覚と行動)を以下のように示しました。
 ○ミッション
  ・求められた教育を真摯に提供していく(信頼)
 ○ビジョン
  ・ミッションを踏まえ社会に貢献する人材を育成する学校
 ○理念
  ・子どもの見本となって業務に当たる~言動、法令遵守、改善意欲、向上等
  ・教職員の物心両面の幸福の実現を図る~働き方改革善を通した心身の健  康ライフワークバランス 等
 
 今年度は、経営ビジョンの実現に向けて、次の目標を掲げました。
◆目標1
 ①学力に関する目標:
  ・授業改善を進め、確実におおむね満足の状態(目標達成)を実現する。
 ②豊かな心に関する目標:
  ・「純誠」の精神を道徳教育をはじめ、教育活動全体を通して育む。
 ③健康・体力に関する目標:
  ・コミュニティスクールの機能を活かし外部等の協力も得ながら、運動部活動
 生徒以外の生徒が運動する環境の構築など、体育以外の場面での運動に触
 れる機会を確保し、運動に親しんだり、スポーツを見たりして、体力向上や健 
 康増進に前向きな生徒を育成する。

 また、今年度の重点としての目標1の実現のためには、教職員の働き方改革を進めていくことが重要であることから、教職員の働き方に関わる目標を合わせて掲げています。
◆目標2(教職員の働き方に関わる目標)
  ①業務の縮減を意識し、主体的かつ計画的に業務を進める。
  ②地域等の外部人材を効果的に活用し、働き方改善を推進する。
      (コミュニティスクールを活かした教育活動の展開)
  ③ミッション加配(事務職員加配)を生かした業務システムを構築する。

 業務の質の改善を図りながら、教育の質の向上を図るという一見矛盾に見えることに、教職員一同大胆に取り組んでまいりたいと考えております。

フッターイメージ