江別第一中学校トップページ 本文へジャンプ

  
  校章と純誠旗
江別第一中学校 校章


校章の由来

 昭和23年2月21日、当時の先生、生徒の協力、苦心の結果、制定された。
 萩ヶ丘にある江別小学校の校舎の一隅を借り、発足した想い出として、萩の花、
蛍雪の功空しからず・・・・蛍を、真理を探究してやまぬ・・・・ペンを、その他英知、
協力などの願いをこめて制定されたといわれる。

『純誠旗


『純誠旗』の由来

 昭和22年5月の開校以来の先生方と生徒が、私たちの生活の中で、人間として生きていくための合い言葉としての「純誠」を定め、以後生徒会のシンボルとなった。

   純 __まじりけがない
   誠 __信(まこと)でありまた、まごころ

その後、制定された校歌にも含まれている 〈希望〉 〈純愛〉 〈英知〉 も
この純誠の精神に支えられてこそ、初めて高い価値と光があると考えられている。



フッターイメージ